ご挨拶

総合がん診療センター部長 関根 郁夫   73656b696e6520323031352e342e31382e6a7067.jpg 
 

がんは日本人の死亡原因の第1位です。このがん対策を総合的かつ計画的に推進するためがん対策基本法が施行され、筑波大学附属病院は平成20年に茨城県唯一の特定機能病院、大学附属病院として国からがん診療連携拠点病院に指定されています。筑波大学総合がん診療センターはこれに先立ち、患者本位のがん診療を提供することを目的に各診療グループ横断型組織として平成19年に筑波大学附属病院内に設置されました。


わが国のがん診療において、先進諸国に例を見ない高齢化社会の進行は重要な課題です。がんに罹患している患者さん、特に高齢の患者さんは“がん”のみを持っているのではなく、高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などの他の合併症を持ちあわせていることが少なくありません。即ち、がん患者さんの全身のあらゆる病態の変化に対応できるトータルケアが求められています。この観点から筑波大学総合がん診療センターは、がん以外の併存疾患や合併症にも対応できる「がんを全身疾患としてとらえる総合的がんセンター」を目指しています。


現在の診断、治療技術では十分には対応できていない問題に対して、新しい技術を開発していくことは医学及び医療に課せられた重要な社会的責務です。筑波大学総合がん診療センターは研究学園都市という地理的立地条件と総合大学の附属施設であることのメリットを最大限に活用し、総合科学としての新しい医療技術の開発に取り組んでまいります。


抗がん剤治療を受けられる方は年々増加傾向であり、入院での治療のみならず、最近は外来通院にて行われることが多くなっています。
患者さんに安心して治療を受けて頂くためには、熟知したスタッフと環境の整備された治療室が必要と考えています。
筑波大学総合がん診療センターは、抗がん剤治療に精通した医師、看護師、薬剤師などの育成ならびに、外来通院治療の中心的な部署である外来化学療法室の運営に携わり、様々な方面からチームとして患者さんをサポートしていけるように取り組んでまいります。




                
            






2010(C)筑波大学附属病院総合がん診療センター