地域がん診療連携拠点病院とは?

平成20年2月8日付で厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」として指定されました。

  この制度は、国の第3次対がん10か年総合戦略(平成16年度~平成26年度)の戦略目標の一つ“全国どこでも、質の高いがん医療を受けることができるよう「均てん化」を図る”に基づき、平成18年2月に「地域がん診療連携拠点病院」(二次医療圏に1箇所程度)と「都道府県がん診療連携拠点病院」(都道府県に概ね1箇所)が制定され、都道府県の推薦に基づき、厚生労働省が審査を行い、同大臣が指定するものです。


がん診療連携拠点病院の条件として


  • 専門的な知識をもった医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、放射線技師などがそろっていること

  • 手術、化学療法、放射線治療の体制が一定の基準を満たしていること

  • 複数の診療科による協力体制が整っていること

  • 緩和ケアが提供できること

  • セカンドオピニオンが提供できること

  • 地域の病院や診療所との連携体制が整っていること

  • 相談支援センターが設置され相談に応じていること

  • がんの患者さんに関するデータ管理(院内がん登録)をおこなっていること



などがあります。

本院は地域医療機関と連携し、より良いがん医療の推進と医療情報の発信に努めてまいります。
2010(C)筑波大学附属病院総合がん診療センター